人間は宇宙からやってきた~たまねぎ物語その2~

  • 2013年4月6日土曜日
  • YOKO OTO
  • タマネギちゃんは、おっぱいを飲む時、空を飛んでいます。

    絵 JILL

    手をピーんと伸ばして、まるで飛行機のポーズ。
    タマネギ星は無重力だったのかな。
    こんど聞いてみましょう。


    タマネギセンサー



    昨日はたけのこを煮ました。なんてったって春ですね!!(今日も懲りずに茹でている)
    米ぬか使って茹でるのは時間かかるけど、今だけしか食べられないと思うと楽しい時間。

    今は中国産のたけのこの水煮が一年中買えるけど、
    春に筍を煮て食べて、テンションあがる~!!っていうのはたけのこの水煮パックでは味わえない。
    昔の人は当たり前にやっていたのだろうけど、それをどっかに忘れてきているのが今の時代。
    一年中当たり前においしいものが味わえるっていうのは贅沢と同時に味覚を鈍らせてる。

    前々から、食べるのって、生命の基本だと思っていたけど、
    オカンになってからさらにそう思う。
    春の筍は特別においしい、そういうのって、家でお母さんがまず教えてあげるものなんじゃないかなぁと。。。
    体にいい、悪いっていうのも気をつけなきゃいけないけど、そういう知識の前に体験として教えてあげたいね。
    マクドナルドのポテトの「おいしい」と今の季節のたけのこの「おいしい」はちょっと違う。
    両方知ってから判断すればいい。

    うちはおばあちゃんが春に近所の小金井公園からよもぎを摘んできて、あんこを煮て、よもぎ団子を毎年一緒に作った。
    ひな祭りに甘酒を飲んで、日本酒大好きなおじいちゃんがカセットテープでひたすらひな祭りの歌をリピートしていた。
    とか。


    贅沢でおいしいものは、大人になってからお店でも味わえるけど、やっぱり体験は子供のころ教えてあげたいなぁ。

    あ、たまねぎの話からそれてしまった。

    では、つづく。

    0 コメント:

    コメントを投稿

    1
    Copyright 2010 JILL LIFE